うるし仕上げの「笏」  神社向けオリジナル商品

清和佛具 株式会社

06-6568-9464

〒556-0015  大阪府大阪市浪速区敷津西 1-9-17

ブログ

うるし仕上げの「笏」  神社向けオリジナル商品

制作事例・修繕事例紹介

2019/08/18 うるし仕上げの「笏」  神社向けオリジナル商品

最近、書き込むネタが不足してきて困っております(笑)

 

先般も少しふれた話題ではありますが・・・弊社では、彫刻・彩色だけではなく「うるし」にこだわった作業もしております。

 

神社さまネタとして弊社オリジナル商品のご紹介です。

 

神職の皆さまは、当然神前にお仕えする際に「笏」を用いるかと思います。

皆さまの「笏」は、白木ですか? 象牙ですか? 

「笏」にもいろいろな種類があります。

 

弊社では「笏」に朱や黒の「うるし」を塗り、ちょっとお洒落な「笏」を作らせていただいたりしております。

摺りうるし仕上げといった特殊な技法で、木目を残して「うるし」を塗ることもできます。

 

神社のしきたりが書かれた「有職故実」は、厳格に重んじられるものであるかと思います。

いわば、神職の方々の教科書みたいなものかと認識しております。

その「有職故実」にも「笏」に関する細かな規定は書かれておりません。

「笏」は「笏」の形状をもって実用性があればいいということだと判断し、「うるし」を塗ってみたものを作らせていただいた次第です。

 

神社本庁にも確認しましたが、「笏」には規定は書かれていないとのお言葉を電話口にて頂戴しております。

(正式に神社本庁が、「うるし」の「笏」を容認したという名言はされてはおりませんが、問題にはならないと弊社では認識させられました)

 

お洒落だからと個人使いで、または昇進に合わせた贈答用などにご依頼を賜ることが多くなりました。

興味の持たれたら是非ともお問い合わせいただければと存じます。

 

立秋になったとはいえ、残暑厳しい毎日です。お身体をご慈愛いただきますようお祈り申し上げます。

 

 

TOP